初めてでもわかりやすい用語集

カントリーファンド (カントリーファンド)

カントリーファンドとは、外国投資信託の一種で、特定の国・地域ごとの株式などを中心に運用しているファンドです。通常、クローズドエンド型の会社型投資信託(投資法人)として作られていますので、取引方法としては、株式市場に上場しているカントリーファンドを株式と同様に売買するかたちになります。

ワンポイント

全ての会社型投資信託(投資法人)に共通する点ではありますが、ファンドに組み入れられた資産の時価に基づく純資産価格と、取引所で取引されるファンドの時価(基準価額)とは、かい離が発生することがあります。これは、取引所で成立する売買価格は投資家の需給関係によって上下するので、その時々で純資産価格よりも時価が割高になったり割安になったりすることがあるためです。
2000年代半ばには大阪証券取引所に複数のカントリーファンドが上場していましたが、それから徐々に本数が減少し、2019年4月に日本市場に唯一上場していた「モルガン・スタンレー・アジアパシフィック・ファンド」が上場廃止になりました。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ