初めてでもわかりやすい用語集

株式交換 (かぶしきこうかん)

ある会社が他の会社を完全子会社化しようとするときに、買収しようとする会社(子会社)の株主に対して自社(親会社)の株式を交付することで完全子会社化する手法です。子会社の株式を持っていた株主には、親会社の株式が所定の交換比率で計算された株数だけ割り当てられます。この方法を取ることによって親会社側は多額の資金を必要としないため、資金の乏しい企業でも他の会社を子会社化できるというメリットがあります。なお、株式交換により100%親会社となる会社を完全親会社、100%子会社となる会社を完全子会社といいます。

ワンポイント

欧米では以前からM&Aの手法としても多く使われていましたが、1999年の改正商法(当時)で日本でも認められるようになりました。株式交換に反対の株主は、会社に対して株式の買取請求する権利がありますが、その行使以外は半ば強制的に交換されることになります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ