初めてでもわかりやすい用語集

現物取引 (げんぶつとりひき)

通常、株式や債券などの有価証券の取引は、その時々の市場の時価で計算した売買代金を受け渡すことで行われています。この通常の取引のことを現物取引といい、信用取引や先物取引、オプション取引などと区別する際に使われます。単に、「現物」と省略して呼ばれることもあります。例えば、株式の現物取引では、持っている資金の範囲内でしか株式を購入することはできませんし、持っていない株式を売ることもできません。これが、信用取引を利用すると、保有資金を超える額のお金を借りて株式を購入したり(空買い)、持っていない株式を借りて売却したり(空売り)することができるわけです。

ワンポイント

現物と先物でアービトラージ(裁定取引)が行われることが多いように、現物取引とその他の取引手法とは密接な関係にあります。特に、先物やオプションなどのデリバティブ(金融派生商品)は、現物取引(対象となる証券のことを「原証券」ともいいます)から派生したものですので、関係は濃密だといえます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ