初めてでもわかりやすい用語集

景気ウォッチャー調査 (けいきウォッチャーちょうさ)

景気ウォッチャー調査とは、景気の動向を示す指標のひとつです。より迅速、的確に把握するため、各地の景気の動きを身近に観察できる立場の人たちの協力を得て、内閣府が毎月発表しています。北海道、東北、北関東、南関東、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄の11地域を対象に、百貨店・スーパーマーケット・コンビニなどの小売店やレジャー業界で働く人、タクシー運転手など、景気に敏感な職種の約2000人にインタビューし、調査結果を集計・分析して発表しています。
現況を示す現状判断DI、2〜3カ月先の見通しを示す先行き判断DIを、家計動向、企業動向、雇用などの部門別に発表します。DIの数値は50が横ばいを表し、これを上回ると「景気が良い」、下回ると「景気が悪い」と感じる人が多いことを示します。

ワンポイント

この調査ではDIのほか、「宝飾品などの高額品が売れ始めた」「居酒屋の予約が取りづらくなった」など、自由回答のコメントも公表されるため、よりリアルな景気動向がつかめます。チェックしてみると、投資対象として有望なジャンルや企業を見つけるヒントになるかもしれません。

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ