初めてでもわかりやすい用語集

キャピタルゲイン (キャピタルゲイン)

キャピタルゲインとは、株式や債券など、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。
例えば、株価30万円で購入した株式が、35万円になったときに売却した場合、差額5万円(手数料・税金を除く)がキャピタルゲインになります。キャピタルゲインは、株や債券だけでなく、不動産、金、プラチナなどの貴金属を売買することでも得られる可能性があります。
売却することによって損失が出た場合はキャピタルロスといいます。
キャピタルゲインに対し、資産を保有していることによって得られる収益(利息や配当等)をインカムゲインといいます。

ワンポイント

キャピタルゲインはインカムゲインに比べ、利益が大きくなる可能性があります。
株式を例にとってみると、配当金は株価の数パーセント程度が一般的ですが、売却した場合の株価は、購入した金額を大きく上回ることがあります。
ただし、インカムゲインはマイナスになることがないのに対し、株式や債券など、保有している資産を売却する場合は、価格が大きく下がる可能性があるため損失を被ることがあります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ