初めてでもわかりやすい用語集

機械受注 (きかいじゅちゅう)

「機械受注統計調査」は内閣府が毎月公表している経済指標の1つで、代表的な景気の先行指標となっています。機械メーカーが受注した設備投資用の機械の受注額を集計したものです。一般に企業が増産を行うためには設備投資、すなわち機械を購入して準備しなければならないため、機械受注は、企業の実際の設備投資よりも6カ月から9カ月程度の先行性を持っています。つまり、機械受注が好調であると公表されれば、将来の企業業績にプラスの影響をもたらし、設備投資関連の銘柄だけでなく、株式市場全体、景気全体を動かす場合もあります。

ワンポイント

船舶・電力の受注は、景気局面との対応性が薄く、不規則な動きをとるため、通常は、「船舶・電力を除く民需」ベースの数字が重要視されています。景気動向予測には、「船舶・電力を除く民需」の機械受注に注目するとよいでしょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ