初めてでもわかりやすい用語集

銀行代理業 (ぎんこうだいりぎょう)

銀行のために、預金や資金の貸付、為替取引を内容とする契約の締結などを代行または媒介する業務のことです。銀行代理店は、もともと出資規制や兼業規制のもとで、原則として銀行の子会社が専業で行う場合に認められていましたが、2006年4月1日施行の銀行法等の一部改正により、「銀行の子会社」や「専業」という規制が撤廃され、新たに銀行代理業制度が創設されました。

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ