初めてでもわかりやすい用語集

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度) (マイナンバーせいど(しゃかいほしょう・ぜいばんごうせいど))

マイナンバー制度は、「社会保障」、「税」、「災害対策」の3分野において分野横断的な共通番号を導入することで、「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」及び「公平・公正な社会の実現」を行うための社会基盤として設けられた制度です。
2016年1月から順次、各種行政手続時(年金、医療保険の手続きや確定申告等の税の手続きなど)に、12桁の個人番号(マイナンバー)を利用することになります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ