初めてでもわかりやすい用語集

持株制度 (もちかぶせいど)

企業が自社の従業員・役員・取引関係者に対して自社株の取得・保有を推進するための制度です。「従業員持株制度」「役員持株制度」「取引先持株制度」などと呼ばれます。従業員(役員・取引関係者)が持株会を設立して、毎月一定額を拠出して、自社株式を共同購入します。購入した株式は持株会の共同財産になりますが、会員ひとりひとりの持分は明確にされています。この制度を企業が導入するメリットとしては、安定株主を増やすことができる、従業員のモチベーションを向上させるなどが挙げられます。また、多くの企業は、制度を利用する従業員に対して一定の補助(奨励金)を実施して、利用を促進しています。

ワンポイント

毎月一定額が給与から引き落とされて自社株式を継続的に買い付けていきますので、従業員の長期の資産形成手段としても有効です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ