初めてでもわかりやすい用語集

ナンピン買い (ナンピンがい)

ナンピン(難平)買いとは、保有している銘柄の株価が下がったときに、さらに買い増しをして平均購入単価を下げることです。例えば、600円で1,000株買った銘柄が、500円に下がったときに1,000株買い増しをしたとすると、1株当たりの平均購入単価は550円になり、利益が出る水準が下がります。これをナンピン買いといいます。ナンピン買いは株価が上昇トレンドにあって、一時的に下がったときに行うと有利になる可能性の高い投資手法ですが、下落トレンドの途中では損失をさらに大きくすることにもなりかねません。

ワンポイント

ナンピンは買いばかりではなく、信用取引の空売りで値上がりしたときに売り増して売りコストを上げることを「ナンピン売り」といいます。なお、業界では、「下手なナンピン、スカンピン」などといった言葉が使われるくらい、ナンピンをするにしても、うまくやらないと損の上積みになってしまう危険性をはらんでいるといえます。

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ