初めてでもわかりやすい用語集

利食い (りぐい)

利食いとは、購入した価格より値上がりして利益が出ている時点で売却し、利益を確定することをいいます。
一般的には、価格の下落の後、再び価格が上がった際に利益がある状態で次の下落に備えて売却するときや、より価格が上がる可能性があっても利益を確保するために売却したことなどを表現するために使われます。

ワンポイント

投資の格言に「利食い千両」というものがあります。これは、利益が出たら「もっと上がってから売ろう」と欲を出さずに、さっと売却して利益を得ることはよいことだ、という意味の格言です。格言になるくらい売却のタイミングは難しいということですね。

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ