初めてでもわかりやすい用語集

信託期間 (しんたくきかん)

信託期間とは、投資信託を運用する期間のことです。信託期間は目論見書などで確認することができ、あらかじめ期間が区切られているものと、期限が決まっていない無期限のものがあります。
定められた信託期間はあくまでも目安で、運用が困難になった場合には終了してしまうことがあります。また、信託期間が終了した場合でも、さらに延長されることがあります。

ワンポイント

長期運用を考えている場合であれば、信託期間が長めのものが選ばれる傾向にありますが、その投資信託の解約が多くなるなど運用総額が減少すると運用が困難になるため、途中で終了してしまう場合があります。そこで、特に投資信託の総額(純資産額)をチェックしておきましょう。総額が少ない場合、なんらかの原因で解約が相次ぐと、総額の目減りも急速になるため、途中償還となる可能性が高いからです。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ