初めてでもわかりやすい用語集

市場価格調整 (しじょうかかくちょうせい)

市場価格調整とは、保険を途中で解約した場合に戻ってくる解約返戻金(へんれいきん)が、市場金利によって増減する仕組みのことです。一般的に定額年金や定額保険を解約した場合に適用されます。保険を契約したときと、解約したときの市場金利を比較して、解約返戻金に反映されます。
契約時よりも解約時の市場金利が高くなった場合は、解約返戻金が減少し、低くなった場合には、解約返戻金が増加します。このため、途中で解約した場合の解約返戻金の金額は契約時にはわかりません。

ワンポイント

例えば、予定利率2%で運用している商品を市場金利が3%のときに解約すると、解約返戻金が少なくなります。逆に市場金利が1%の時に解約すると解約返戻金は多くなります。
途中で解約することを前提に加入することは少ないと思いますが、市場調整が行われる商品は、解約返戻金は予定できないことを理解したうえで加入することが大事です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ