初めてでもわかりやすい用語集

住民参加型市場公募地方債(ミニ公募地方債) (じゅうみんさんかがたしじょうこうぼちほうさい(ミニこうぼちほうさい))

住民参加型市場公募地方債とは、地方公共団体が主に地域住民を対象に発行する債券のことで、ミニ公募地方債とも呼ばれます。「地方公共団体も自らの責任において市場で資金を調達すべき」との考え方から、その一手法として2002年より発行されるようになりました。
利率は国債などの利率に上乗せ金利を加算して設定され、また、イベント招待券や施設利用券などの特典が付くケースもあります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての債券投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ