初めてでもわかりやすい用語集

シェアリングエコノミー (シェアリングエコノミー)

シェアリングエコノミー(Sharing Economy)とは、物やサービスなどを多くの人と共有・交換(シェア)して利用する社会的な仕組みを指します。個人で物を購入して所有するという大量購入・大量消費の時代から、近年は環境や持続可能性への関心が高まり、「欲しいものは購入するのではなく、必要があるときに借りればよい」という考えの人が増えてきました。自動車を個人や会社で共有するカーシェアリングをはじめ、住居や家具、服などの個人間での貸し借りの仲介など、さまざまなシェアリングサービスが登場しています。
その草分けが2008年に誕生した「Airbnb(エアービーアンドビー)」で、個人所有の住居の空き部屋などを他人に貸し出すインターネット上のサービスとして成長し、世界各国に拡大しました。また、「Uber(ウーバー)」や「Lyft(リフト)」など「ライドシェア」と呼ばれる自家用車を利用した配車サービスも、利用者が増えています。ある有名コンサルティング会社の試算によると、2013年に約150億ドル程度だったシェアリングエコノミーの市場規模は、2025年には約3,350億ドル規模にまで成長する見込みです。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ