初めてでもわかりやすい用語集

ソルベンシー・マージン比率 (ソルベンシー・マージンひりつ)

ソルベンシー・マージン比率(Solvency Margin Ratio)とは、保険会社の健全性を測ることができる指標のひとつです。保険会社は、過去の統計などから想定した損害等(保険事故)を保障(補償)できるように保険料等を決めていますが、予測不可能な大規模損害が発生した場合にも自己資本や準備金などから保険金を支払う必要があります。そのような通常の予測を超えたリスクに対する支払余力がどの程度あるのかを判断する行政監督上の指標がソルベンシー・マージン比率です。計算式は次のとおり。
ソルベンシー・マージン総額とは、有価証券の含み益なども含む保険会社の自己資本の額を指します。

ソルベンシー・マージン比率(%)=
ソルベンシー・マージン総額÷(通常の予測を超えるリスクの金額÷2)×100

ワンポイント

一般的に、ソルベンシー・マージン比率が200%を上回っていれば、その保険会社は健全だと判断されます。しかし、過去には、200%を上回っている保険会社が破綻してしまうケースもありました。また保険加入時には比率が高くても後で低下することもあるので、定期的にチェックするとよいでしょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ