初めてでもわかりやすい用語集

スティープ化/スティープニング (スティープか/スティープニング)

短期金利と長期金利の差が大きくなることをいいます。イールドカーブは、一般的に右肩上がりになっています。この傾斜角度が急になった場合は、短期金利と長期金利の金利差が大きくなったことを意味し、スティープ化するといいます。
対義語はフラット化、フラットニングです。

ワンポイント

一般的に、将来の金利に先高感がある場合には、イールドカーブはスティープ化します。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての債券投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ