初めてでもわかりやすい用語集

ステルス値上げ/シュリンクフレーション (ステルスねあげ/シュリンクフレーション)

ステルスとは敵のレーダーには映らない戦闘機のことで、ステルスのように見つかりにくい値上げのことをステルス値上げといいます。Shrink(縮小)とInflation(インフレ)の合成語であるシュリンクフレーション(Shrinkflation)とも呼ばれます。これは、販売される商品の価格は変わらないまま、その内容量が収縮(シュリンク)していくことを表しています。
メーカーが原材料の高騰や消費税アップ等により商品の値段を上げたい場合、あからさまに値上げをすると購入者が敬遠して売り上げが落ち込んでしまいます。そこで、価格やパッケージは変えず、容量やサイズを縮小させることで、実質的な値上げを果たせるのです。

ワンポイント

いつも買っているヨーグルトの重さやアイスバーの本数が、いつの間にか減っていることに気づいた経験はありませんか?これがステルス値上げです。消費者としては商品の裏側までしっかりチェックしたいところです。

日興FX 3つのポイント

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ