初めてでもわかりやすい用語集

単元株 (たんげんかぶ)

単元株とは、通常の株式取引で売買される売買単位のことです。単元は、ある一定のルールをクリアすれば企業が自由に決めることができるので、1単元の株数は銘柄によって異なりますが、1株、100株、1,000株が一般的です。
通常の株式取引では、この売買単位の整数倍で取引が行われます。例えば1単元が100株の場合、売買は100株、200株、300株…と100株単位で行われ、150株など単元の整数倍以外の株数での取引は行うことはできません。
以前は単位株制度というもので売買単位が決められていましたが、2001年の商法改正から現在の単元株制度に移行されました。

ワンポイント

株主になると、配当金や株主優待がもらえる、議決権などが行使できるといった株主の権利を得ることができます。株は1株でも持っていると株主ですが、すべての権利を得るためには1単元以上持つ必要があります。単元未満の株式は、持っていたとしても、議決権がないなどの制限があります。最近は、単元未満の株式を取引できるサービスがいろいろ提供されていますが、単元株と単元未満株を持つのでは、株主の権利などが違うことを知っておいてください。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

株主優待情報(銘柄検索)

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ