初めてでもわかりやすい用語集

立会外分売 (たちあいがいぶんばい)

立会外分売とは、取引所における取引時間外(立ち会い外)に、上場株式のまとまった売り注文を小口に分けて、不特定多数の投資家に売り出す売買方法のことをいいます。立会外分売が行われる際の価格は、前日の終値をもとに決められます。多くの場合、株式を一度に売り出すことによる株価の値下がりを防ぎながら、個人株主数を増やしたり、流動性を高めたりするために行われます。大量の株数が分売される場合は、将来的な売り圧力の増加が懸念され、株価の下落要因になる場合もあります。

ワンポイント

単に「立会外売買」という場合、その多くは売り方と買い方が価格や数量などをあらかじめ合意の上、クロス取引で約定する取引のことです。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ