初めてでもわかりやすい用語集

デリバティブ/金融派生商品 (デリバティブ/きんゆうはせいしょうひん)

株式、債券、金利、通貨、金、原油などの原資産の価格を基準に価値が決まる金融商品の総称です。原始的な商品から派生した商品として、金融派生商品と呼ばれ、英語の“派生する(derived)”を語源としてデリバティブとも呼ばれます。取引形態としては、先物取引、オプション取引、スワップ取引、フォワード取引などがあります。古くは米や綿花などの農作物を対象とした先物取引から発達し、1990年前後からは、株式、債券などの金融商品を対象とした先物取引、オプション取引、スワップ取引などが活発に取引されるようになりました。近年はこれらのほかに天候(降雨量や降雪量、気温など)や信用力などを対象とする取引(天候デリバティブやクレジットデリバティブなど)も登場しています。

ワンポイント

金融派生商品取引の対象となるもの(原資産)として、個別株式、株価指数(日経平均株価や東証株価指数など)、国債、通貨、金利、天候(降雨量や降雪量、気温など)、信用力などが挙げられます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ