初めてでもわかりやすい用語集

トップダウン・アプローチ (トップダウン・アプローチ)

投資信託などで組み入れ銘柄のポートフォリオを構築する際に採られるアプローチの仕方のひとつで、個別銘柄を選択する際に、まず、マクロ的な視点から経済動向などの分析によって、どのような国や地域の資産に配分するかを決定し、その後、その資産配分の枠の中で選択する業種を絞り、その業種の中で最終的に個別銘柄を絞っていく方法です。マクロ(巨視的)の視点から入って、順にミクロ(微視的)な視点に移っていくことから、この名称がつけられています。

ワンポイント

トップダウン・アプローチとは逆に、マクロ的な視点は重視せず、個別具体的な銘柄のファンダメンタルズ分析などをもとに、投資する銘柄を一つずつ積み上げてポートフォリオを構築する方法をボトムアップ・アプローチといいます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ