初めてでもわかりやすい用語集

トマ・ピケティ (トマ・ピケティ)

トマ・ピケティは米国のマサチューセッツ工科大学で教鞭をとったこともあるフランスの経済学者。彼の著書である『21世紀の資本』は2013年にフランス語で出版され、その翌年の2014年に英語訳版が発売されると、世界中で大ヒットしました。日本では2014年12月に発売。定価5,940円、728ページ、厚さ約4センチという経済学書にもかかわらず、発売1カ月で13万部の大ヒットとなりました。

ワンポイント

『21世紀の資本』では、資本主義の世界は格差を自然発生的に生み出す可能性があることを、世界中の約300年間の財務データから示唆しています。

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ