初めてでもわかりやすい用語集

つなぎ/つなぎ売り (つなぎ/つなぎうり)

つなぎ(売り)とは、保有している銘柄の株価の下落が予想される場合に、保有している現物を売らずに、信用取引で空売りをすることによって値下がりのリスクを回避しようとする手法のことをいいます。保有株式の値下がりに備えるので「保険つなぎ」ともいわれます。空売り後に株価が予想通り値下がりすれば、そのあとで買い戻すことによって、差額分の利益を得ることができ、現物の値下がりによる評価損をカバーできるわけです。一方、空売り後に株価が値上がりしてしまった場合には、保有している現物株を引き渡すことによって損失の発生を防ぐことができます(現渡し)。

ワンポイント

つなぎ売りは近年、株主優待を株価下落による損失リスクを抑えて受け取る方法として人気を集めています。たしかに、保有している現物株と同銘柄を同株数空売りすることで、つなぎ売りによるリスクヘッジ(回避)の効果が期待できますが、売買委託手数料などのコスト負担や、逆日歩がかかる可能性があるなど、リスクがないわけではありません。また、そもそも下がり始めそうな絶妙なタイミングでつなぎ売りをして、底を打ちそうな絶妙なタイミングで買い戻しをすることはなかなか難しいことでもあります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

信用取引のメリット

信用取引と現物取引の違い

信用取引の主なリスクと留意点

信用取引 気になるポイント

ダイレクトコースなら株式委託手数料が0円!「日興イージートレード信用取引」

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ