初めてでもわかりやすい用語集

つみたてNISA (つみたてニーサ)

つみたてNISAとは、従来のNISA(一般NISA、少額投資非課税制度)に積み立て方式を採用した制度で、2018年1月よりスタートしました。
“つみたて”という名称のように、一定期間、一定金額で積み立て投資を行うことができます。最低積立金額は金融機関によって変わり、100〜1,000円程度から積み立てが可能になっています。
また、一般NISAは年間で120万円まで、期間は5年間非課税となりますが、つみたてNISAは年間40万円が上限、期間は20年(非課税で保有できる総額は最大で800万円)です。
ちなみに、一般NISAとつみたてNISAの併用はできないため、両方の制度を利用する場合は、その年ごとにどちらかを選択する必要があります。

ワンポイント

従来のNISAが株式の個別銘柄にも活用できるのに対し、つみたてNISAの対象は金融庁が長期の積み立て、分散投資に適していると判断したノーロード(販売手数料無料)の国内外インデックスファンドやバランスファンド、公社債ファンドが中心になっています。つみたてNISAを提供する金融機関によって、対象となる投信の本数に多少差があります。
2020年税制改正により、2037年までとなっていたつみたてNISAの期限が5年延長されることになりました。これまでは2019年以降に始めた場合、課税期間を20年間確保できなくなり、積み立て開始が遅くなるほど非課税の恩恵が減っていく不公平感がありました。期限を2042年まで延長することで、当面20年の投資期間を確保した形です。

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

つみたてNISA

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ