初めてでもわかりやすい用語集

有効求人倍率 (ゆうこうきゅうじんばいりつ)

有効求人倍率とは、有効求職者数に対する有効求人数の割合で、雇用動向を示す重要指標のひとつです。景気とほぼ一致して動くので、景気動向指数の一致指数となっています。
厚生労働省が全国のハローワークの求職者数、求人数をもとに算出し、「職業安定業務統計(一般職業紹介状況)」で毎月発表しています。有効求人数を有効求職者数で割って算出し、倍率が1を上回れば人を探している企業が多く、下回れば仕事を探している人が多いことを示します。

ワンポイント

雇用動向を示す指標としては、他に総務省が発表する完全失業率があります。雇用は景気に大きな影響を与えるため、アメリカの雇用統計と同様、市場関係者から注目を集めています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ