サステナビリティ

トップメッセージ

代表取締役社長(CEO)

近藤 雄一郎

健全な資本市場の発展を、豊かな人生・社会の実現につなげます

創業以来受け継がれてきた思い

SMBC日興証券は、1918年の創業以来、お客さまや社会とともに歩み、100年以上にわたって「共存共栄」の精神を継承してまいりました。
持続可能な社会の実現に欠かせないその精神は、役社員に脈々と受け継がれ、1999年に日本初の環境の視点を取り入れた「日興エコファンド」の取扱いを開始する等、早くから事業活動を通じた社会課題の解決への取組みに努めてきました。
SDGs達成に向けて企業の積極的な取組みが期待される中、この大切な価値観をベースに、環境や社会に配慮した金融商品・サービスの提供を通して、より豊かで幸福な社会の実現を目指します。

お客さまと共に発展し、最高の信頼を得られる会社に

世界は今、地球温暖化による気候変動をはじめ地球規模での環境問題、人権問題等の社会課題に直面しています。また、国内においても、超高齢化や労働人口の減少といった社会の構造変化に伴い、様々な側面で課題を抱えています。
こうした変化を前に、私たちは、お客さまや社会とともに明日に向けて力強く歩む存在でありたいと思っています。
2020年度からの新たな中期経営計画においては、「社会課題の解決によるSDGs達成への貢献」を基本方針の一つとして掲げました。より良い未来の創造に金融の力を活かすべく、事業活動を通じた社会貢献を実践することにより、お客さまと信頼関係を築きながら、社会からの期待に応えていきます。

サステナブルな社会を目指して

私たちは、お客さま本位の業務運営や、健全な金融仲介機能の発揮、ダイバーシティの尊重を基本的な考え方とする「経営理念」を実践しながら、企業の長期的な成長に必要な「ESG(環境・社会・ガバナンス)」という観点を、経営戦略の軸に据えています。
また、社内表彰制度「CSRアワード」や、国内金融機関では珍しい業務時間の一部を社会課題の解決に費やす「プロボノワーク」の導入等により、役社員一人ひとりが主体性を持ってSDGs達成に参画する企業文化の醸成に、全社一体となって取組んでいます。
今後も、私たちは、革新性の高い金融サービスの提供を通して社会課題の解決に努め、すべてのステークホルダーの皆さまの信頼と期待に応えつつ、サステナブルな社会の実現に向けて、限りない努力を続けていきます。
皆さまの一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。