ロスカット/追加証拠金

「日興FX」でのロスカットルールと追加証拠金についてご説明します。

証拠金維持率の確認

ロスカットや追加証拠金の判定は証拠金維持率に応じて行われます。現在の証拠金維持率は、取引サイトのメニュー画面にある「口座情報」の「証拠金維持率」欄にて計算式も含めご確認いただけます。また、パソコン用の取引サイトでは、トップ画面上段に表示されています。

証拠金とは

取引サイト(スマートフォン)

取引サイト(スマートフォン)

取引サイト(パソコン)

取引サイト(パソコン)

ロスカットルール

「日興FX」では、証拠金維持率が50%を下回った場合、証拠金を超える損失の発生を防ぐため、当社がお客さまに事前に通知することなくすべてのポジションについて自動的に決済(反対売買)します。

  • ロスカットが発生すると、全ポジションの決済注文が約定するまで取引を行うことはできません。
  • すべてのポジションに対して成行で決済注文を行います。未約定の決済注文がある場合は決済注文を成行注文に訂正して決済します。
  • ロスカット注文が執行されときに有効なレートが配信されていない場合、有効なレートが配信されるまでロスカットの執行に時間を要する場合があります。
  • 価格が急激に変動した場合などは、証拠金維持率が50%以下でロスカットされる場合があります。そのため、正常にロスカットが執行した場合でも、証拠金の金額を上回る損失が発生することがあります。

通知方法

証拠金維持率に応じて、システムが自動的にメールやお知らせを行い、お客さまに状況を通知します。

証拠金維持率が

  • 150%以下になったとき ⇒ プレアラート通知
  • 100%以下になったとき ⇒ アラート通知
  • 50%以下になりロスカット執行 ⇒ ロスカット通知

通知方法

追加証拠金

各取引日の取引終了時点※のロールオーバー後に証拠金維持率判定を行います。判定の結果、お客さまの証拠金維持率が100%を下回った場合は、「日興FX」取引口座へ証拠金不足額以上の入金が必要になります。

追加証拠金が発生した場合、追加証拠金の状態が解消されるまで以下のような制限がかかります。さらに所定の時刻(通常19時)までに入金がない場合、事前の通知なく、すべてのポジションが強制決済されます。所定の時刻までに証拠金不足額以上の入金をした場合、リアルタイムで制限が解除されます。また、強制決済された後は、翌営業日より制限が解除されますが、証拠金不足額以上の入金をした場合はリアルタイムで制限が解除されます。

【制限事項】

  • 新規注文の発注停止
  • 新規注文の訂正停止
  • 証券口座への出金停止
  • 取引終了時点:取引終了時間の日本時間6時50分(米国がサマータイムの期間は5時50分)以降

通知方法

追加証拠金が発生した場合、「証拠金不足通知メール」にて、必要な入金額を通知します。
なお、不足金額は、取引サイトのメニュー画面にある「口座情報」の「証拠金不足額」欄でも確認できます。

取引サイトの「口座情報」(スマートフォン)

取引サイトの「口座情報」(スマートフォン)

解消方法

追加証拠金発生日の所定の時刻(通常19時)までに証券口座の日興MRF、お預り金から「日興FX」取引口座に証拠金不足額以上の振替を行う必要があります。

  • 取引時間が変更になる場合、振替の期限も変更になります。

なお、以下のような場合では、追加証拠金は解消されませんのでご留意ください。

  • お客さまによる未決済のポジションの決済(全決済を含む)
  • 強制決済前のロスカットルールに基づくポジションの決済
  • レートの変動による証拠金額の増加

解消方法

証券口座の残高では足りない場合、証券口座への入金後、「日興FX」取引口座へ振替手続きを行う必要があります。証券口座への入金は以下をご確認ください。

「日興FX」をはじめるなら今すぐ口座開設

「日興FX」で取引を行うには、証券口座(ダイレクトコース)が必要です。