個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)

すでに日興iDeCoへ加入されている方はこちら

個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品

元本確保型商品と投資信託

元本確保型商品(定期預金)

原則、元本(預けたお金)が保証される運用商品です。積み立てた資産に、定められた金利の利息が上乗せされます。

投資信託

元本が保証されていない運用商品です。運用成果によって資産が増えることもあれば減ることもあります。

元本確保型商品と投資信託の説明図

投資対象によってリスクとリターンは異なる

投資対象によってリスクとリターンは異なるの説明図

投資信託はどんな資産に投資しているかによって期待できる「リターン」と想定される値動きの大きさを表す「リスク」の大きさが変わってきます。高いリターンが期待できる商品は時に大きく値下がりする可能性がありますが、値動きの小さい商品は安定運用が期待できる一方で相対的にリターンが小さくなります。

投資信託の知っておきたいチェックポイント

投資信託の知っておきたいチェックポイントの図

①投資対象は何か

運用商品は「主に何を投資対象としているか」で分けており、値動きの仕方や大きさも変わってきます。一般的に「債券よりも株式や不動産(リート)」、「国内よりも外国」のほうがリスクが大きくなる傾向があります。

②インデックスかアクティブか

運用商品のうち、投資信託では「どんなリターンをめざすか」によって、インデックス型とアクティブ型に分類されます。

インデックス型は、目安となる指数※(ベンチマーク)に連動した投資成果をめざして運用を行います。アクティブ型は、目安となる指数※(ベンチマーク)を上回る成績をめざして運用を行います。一般的にインデックス型よりもアクティブ型のほうがリスクが大きくなる傾向があります。

  • たとえば、国内株式で運用する投資信託の場合、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)があります。

③コストはどのくらいか

投資信託で運用するときは、一定のコストがかかります。運用商品ごとにコストは異なっており、長い運用期間を見据えると資産形成にも影響してきます。

信託報酬は、投資信託を保有している間、投資信託の保有額に応じて日々支払う費用で信託財産から差し引かれます。信託財産留保額は投資信託を換金した場合に支払う費用です。

  • 信託報酬、信託財産留保額は変更されることがあります。

運用商品選びのヒントを見る

お問い合わせ先

■日興iDeCoの概要やdポイントに関して

日興コンタクトセンター

0120-487-250

月〜金8:00〜18:00
※ 祝日および12/31〜1/3は除く。

■お申し込みに関して

J-PECコールセンター
(SMBC日興証券担当)

0120-801-360

月〜金9:00〜21:00 / 土日9:00〜17:00
※ 祝日および12/31〜1/3は除く。また、土日はシステムメンテナンス等によりご利用できない場合があります。
フリーダイヤルをご利用いただけない場合は03-3516-8035(通話料無料)におかけください。