REIT(不動産投資信託)

不動産に投資をする投資信託です。株式と同様にお取引いただけます。

REITの特徴

  • REITとは、不動産投資信託:Real Estate Investment Trustの略称です。
  • 金融商品取引所に上場している投資信託で、通常の株式と同様に、立会時間中、取引所においていつでも売買が可能です。
  • 投資家から集めた資金で不動産に投資し、賃貸や売却などによって得られた利益を投資家に分配する仕組みの投資信託で、比較的高い分配金利回りが期待できます。
  • 現物の不動産と比較して、流動性・換金性が高い、少額で複数の物件への投資が可能、専門家による運用などの特徴があります。

国内上場REIT一覧

REIT投資のメリット

1.相対的に高い予想分配金利回り

分配可能な利益の90%を超える額を投資主に分配するかわりに法人税が免除されていますので、相対的に高い利回りが期待できます。

2.物価の上昇に強い

主な収益源の賃貸料等は、一般に物価と同じように動くという特徴がありますので、物価の上昇に強いと考えられています。

3.小口から分散投資

現物の不動産よりも小口から投資でき、不動産の分散投資効果が期待できます。
また複数のREITに投資することで、投資地域、物件、テナントの分散を図ることが可能です。

4.専門家の運用

不動産の専門家が個別の不動産の運営・管理、入れ替えなどを行いますので、専門家の運用ノウハウを享受することができます。

REITパンフレット(679KB)

さまざまなREIT

REITはそれぞれの銘柄ごとに、投資対象となる不動産物件の種類や地域が異なります。
特定の投資対象や地域に限定した、特色のある銘柄もあります。

一口に不動産といっても用途によって、特徴が異なりますので、用途の異なる複数の銘柄に分散投資することによって、用途別のリスクを軽減する効果が期待できます。
REITには用途を特定する「特化型」と複数の用途に投資する「複合型」があります。

投資対象

  • オフィスビル
  • 商業施設
  • 住宅(レジデンス)
  • ホテル
  • 物流施設
  • インフラ施設

投資地域

  • 都心
  • 首都圏
  • 三大都市圏
  • 全国
  • 地域特化
  • オフィスビル
    市場規模が大きく、流動性が比較的高い。
    景気変動の影響を受けやすく、契約期間が2年程度と短いことから、収益の変動が大きい。
  • 商業施設
    一般的に長期契約が多く、安定的なキャッシュフローが見込める。
    オフィスビル市場に比べて市場規模が小さく、流動性が低い傾向がある。
  • 住宅(レジデンス)
    個人の「住む」という実需があることから、景気動向等に左右されることが少ない。
    一般的に他の用途に比べて収益性が低い。
  • ホテル
    経営形態が「リース方式」の場合、長期契約により、安定的なキャッシュフローが見込める。
    オフィスビルに比べて市場規模が小さく、流動性も低い。また他の用途への転用も難しい。
  • 物流施設・インフラ施設
    長期契約が多く、安定的なキャッシュフローが見込める。
    他の用途への転用が難しい。

魅力的なREITの条件は?

1.質の高い不動産ポートフォリオ

  • 立地、物件、テナントの質の3条件がそろっていること
  • 不動産ポートフォリオでテナントが分散され、特定の物件にリスクが偏っていないこと

2.運用会社の運用方針が明確

  • 出資企業の利害に影響されない独立性とモラルを維持できていること
  • 運用会社と投資家の利害が一致する仕組みになっていること

3.財務の安全性が高い

  • レバレッジ(借入金の比率)が極端に高くないこと
  • 将来の不動産の補修、維持の資金がプールされていること

4.今後の成長余力が高いこと

  • きちんと利益が出ており、将来的な成長が見込めること

REITを購入するには

国内株式と同様です。

プライマリ(新規上場・新株発行・売出しなどの際に、募集に参加)

新規公開株式/公募・売出し等

セカンダリ(上場後の株式を市場などで購入)

セカンダリの注文では、指値(価格を指定して注文)や成行(価格の指定なしで注文)が主ですが、その他にもさまざまなお取引手法があります。

株式のお取引手順

手数料は国内株式委託手数料となります。

  • その他のお取引手法では手数料などは異なります。

株式委託手数料

お取引窓口

  総合コース ダイレクトコース
支店 ×
オンライン
トレード
パソコン
スマートフォン
携帯電話
コンタクト
センター
てれトレ
(自動音声)
オペレータ
  • てれトレ・・・自動音声によるご注文受付サービス
  • 通常注文の現物、指値・成行の場合(オンライントレードでは逆指値注文も可能です)
  • 売買単位未満口数のお取り扱いは、総合コースをご利用のお客様は支店のみ、ダイレクトコースをご利用のお客様は日興コンタクトセンターのオペレータのみとなります。
  • 取引所等または当社が売買を規制している銘柄を除きます。

ご留意事項

このページの関連情報