納税資金が不足(対策)

納税資金対策

相続税は現金による一括納付が原則です。金融資産による納税余力を把握して、換金しやすい資産の確保が必要になってきます。効果的な対策として「資産の組み換え」・「年金・保険商品の活用」・「生前贈与の活用」などがあります。

資産の組み換え

納税資金(現金)が不足する場合には、換金しにくい財産を生前に処分するなどして納税資金を確保しておくといった方法があります。

詳しく見る

年金・保険商品の活用

生命保険金は原則、遺産分割の対象外になりますので、受取人単独で請求が可能です。また、死亡保険金は必要書類がそろえば数日で現金化が可能です。

詳しく見る

生前贈与の活用

贈与を受けた方が、贈与により取得した金銭等を蓄えることで、納税資金に充てることができます。

詳しく見る

納税資金余力を考慮した遺言書作成

各相続人の納税資金を考慮した「遺言書」を作成することで、換金しにくい財産(不動産など)を相続した相続人の納税資金不足を防ぐことができます。

納税資金対策の前に現状分析から始めましょう!

あなたに相続が発生したら、どれくらい相続税がかかるかご存知ですか?
相続税は累進課税になるので、相続財産が多い方ほど早期の対策が必要です。

相続税額試算サービス

ご留意事項

このページの関連情報