初めてでもわかりやすい用語集

BRICs (ブリックス)

BRICsとは、ブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の頭文字を合わせた造語です。ゴールドマン・サックス社が2003年に発行したレポートの中で用いて以来、一般にも広く使われるようになりました。このレポートの中で、2050年にはBRICsの4カ国がGDPで上位6カ国に入る可能性があるということが記載されていました。
BRICsの4カ国は、広い国土と多くの人口、豊かな天然資源をもとに今後大きく成長するであろうと注目されています。

ワンポイント

BRICs諸国は一時、新聞やテレビで連日のように報道され、BRICs諸国へ投資する投資信託にも人気が集まりました。資源が豊富なブラジルとロシア、IT技術が世界レベルのインド、巨大なマーケットを持つ中国への投資は魅力的です。ただし、政情の安定感は先進各国と比べて相対的に低い面がありますので、高いリターンを期待できる分、高いリスクもあります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ