初めてでもわかりやすい用語集

BRICS (ブリックス)

BRICSとは、広い国土と多くの人口、豊かな天然資源をもとに今後大きく成長することが見込まれるブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)、南アフリカ(South Africa)の頭文字を合わせた造語です。南アフリカ(South Africa)を除く「BRICs」をゴールドマン・サックス社が2001年に発行したレポートで用いて以来、一般にも広く使われるようになりました。このレポートの中で、2050年にはBRICsの4ヵ国がGDPで上位6ヵ国に入る可能性があるということが記載されていました。
2009年からBRICs4ヵ国が首脳会議を開催し、2011年に南アフリカ共和国が参加して以降、この5ヵ国がBRICSと総称されるようになりました。さらに、エジプト、エチオピア、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦が会議参加国として正式加盟し、2024年からは10ヵ国体制となりました。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ