初めてでもわかりやすい用語集

アクティブ運用 (アクティブうんよう)

アクティブ運用とは、目安となる指数(ベンチマーク)を上回る成績を目指す運用スタイルのことです。例えば、日本株で運用する投資信託の場合、日本株の代表的なインデックス(指数)である日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのインデックスをベンチマークとして、それを上回る成績を目指します。運用のプロであるファンドマネージャーが市場や個別銘柄の調査、分析を行い、その結果をもとに銘柄を選定して運用します。

ワンポイント

運用のプロが緻密な調査や分析に基づき、市場平均を上回る運用成果を目指して運用するため、アクティブ運用を行うファンドは、信託報酬などの運用コストがインデックス運用に比べて高いという傾向があります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ