初めてでもわかりやすい用語集

ファイナンス (ファイナンス)

会社が事業のための資金を調達することを指し、主にエクイティファイナンスとデットファイナンスの2種類があります。前者は株式を発行するなど直接金融によって資金調達する方法で、自己資本の増加を伴います。具体的には、公募(時価発行増資)、 株主割当(額面発行増資、中間発行増資)、第三者割当といった払い込みを伴う増資や、CB(転換社債型新株予約権付社債)といった新株予約権付社債の発行などを指します。後者は銀行から融資を受けたり債券を発行したりすることで、間接金融によって資金調達する方法です。資金を借り入れる企業にとっては、貸借対照表の負債の部に記入され、他人資本の増加となります。

ワンポイント

一般的に、健全な条件のもとにファイナンスを行っている企業は、積極的な設備投資を行うことなどからも、業績が好調であることが予想されます。一方、無理な条件でのファイナンスを繰り返している企業は、資金繰りがうまくいっておらず、経営が行き詰まる可能性が高いことが予測されます。このようにファイナンスの仕方を観察することで、企業の経営状態を推測することができます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ