初めてでもわかりやすい用語集

ファイナンス (ファイナンス)

会社が事業のための資金を調達することを指し、主にエクイティファイナンスとデットファイナンスの2種類があります。
前者は株式を発行するなど直接金融によって資金調達する方法で、自己資本の増加を伴います。具体的には、公募(時価発行増資)、 株主割当(額面発行増資、中間発行増資)、第三者割当といった増資や、CB(転換社債型新株予約権付社債)といった、発行時は社債としての性質を持つものの、権利行使によって株式に転換(=自己資本の増加)する仕組みのものなどがあります。
後者は銀行から融資を受けたり債券を発行したりすることで、間接金融によって資金調達する方法です。資金を借り入れる企業にとっては、貸借対照表の負債の部に記入され、他人資本の増加となります。

ワンポイント

一般的にエクイティファイナンスの場合には、1株当たりの価値の希薄化を考慮して、株価が値下がりすることもあります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

用語検索

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ