初めてでもわかりやすい用語集

ハイ・イールド債 (ハイ・イールドさい)

ハイ・イールド債とは、利回りが高く信用格付が低い債券のことで、ジャンク債などともいわれます。イールド(yield)とは、直訳すると、収益、利回りという意味となります。
具体的には、格付会社などで信用格付がBB(ダブルビー)以下の評価をされている債券で、信用度が低い分、格付の高い債券より金利が高く設定されています。

ワンポイント

信用格付が相対的に低い発行体の債券は、高い金利を設定しないと資金が集まりません。信用がないと人気もなくなるので金利が高くなるわけです。投資信託でもハイ・イールド債を中心に運用されている商品が販売されています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ