初めてでもわかりやすい用語集

比例配分 (ひれいはいぶん)

比例配分はもともと「ある量を定められた比で分ける(按分する)」という意味で、株式取引において板寄せやザラ場では売買が成立せず、値幅制限の上限(ストップ高、ストップ安)で取引が終わって売買注文数が極端に合わないときに、取引所が取る措置を指します。通常は売りと買いの株数が同じになったところで株価が決まりますが、売買のバランスが極端に偏って値幅制限水準まで達した場合、その株価での売り株数と買い株数の比率に応じて株価を決める方法です。
たとえば、買い注文が極端に多く、売り注文が少ないとき、売り注文数の分だけ売買を成立させ、各証券会社の注文数に比例して配分します。割り当てられた各証券会社は、時間優先や抽選など、それぞれの社内ルールに沿って投資家に割り当てます。
ストップ高のときに行われるものをストップ高比例配分、ストップ安のときに行われるものをストップ安比例配分といいます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ