初めてでもわかりやすい用語集

ボトムアップ・アプローチ (ボトムアップ・アプローチ)

投資信託などで組み入れ銘柄の選択をしていく際のアプローチの仕方のひとつで、個別企業を財務状況などから1社ずつ細かく分析しながら投資対象としてピックアップして、ポートフォリオを構築していくものです。選び方としては、企業の実力に比べて株価が割安な銘柄をピックアップしていくバリュー型や、成長率の高い企業をピックアップしていくグロース型など、一定の基準に基づいて個別企業を1社ずつ選んでいくのが一般的です。マクロ的な分析からポートフォリオを構築するトップダウン・アプローチとは対極にあるものといえます。

ワンポイント

ボトムアップ・アプローチでポートフォリオが構築された投資信託(ファンド)などは、ファンドマネージャーなどの運用担当者がどのようなスタンスで銘柄をピックアップしたのかによって、そのファンドの値動きの特徴などが大きく異なる可能性があります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ