初めてでもわかりやすい用語集

陰線 (いんせん)

株価の動きをローソク足にしたとき、始値に比べて終値が安かった場合に一般的に黒で表示し、その線を陰線といいます。逆に、始値に比べて終値が高かった場合に一般的に白で表示し、その線のことを陽線といいます。黒い部分が長いほど最初についた値段から大きく下がって終わったということになります。
ローソク足は、日本で株価チャート(罫線(けいせん)ともいう)を作成する際に最も一般に使用されているもので、始値、終値、高値、安値といった4本値で作られます。始値や終値よりも高い高値や、安い安値がついた場合は、その価格まで線(ヒゲ)を伸ばします。古くは、江戸時代の堂島の米相場の時代から使われていたという説が有力で、現在では日本だけでなく海外でも使用されています(米国では、Candle Stickと呼ばれています)。

ワンポイント

株価チャートは、一般に、過去の株価の推移を見ることで、今後の値動きの予想をする際に使われます。株価チャートには古くからさまざまな手法が考案されており、「移動平均線」と合わせて用いたものや、「一目均衡表」のような根強いファンがいる手法などもあります。しかし、どの手法であっても、先行きの株価を確実に当て続けることはほぼ不可能であることを認識しておくことが重要でしょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ