初めてでもわかりやすい用語集

監理銘柄 (かんりめいがら)

上場銘柄が上場廃止基準に該当する恐れがある場合に、投資家にその事実を周知するため、証券取引所により指定された銘柄のことです。東京証券取引所では、2008年1月15日より「監理ポスト」という表現は使用しなくなり、「監理銘柄への指定」となりました。監理銘柄には、「監理銘柄(審査中)」と「監理銘柄(確認中)」の2つの区分があります。例えば、「有価証券報告書等に虚偽記載を行い、その影響が重大である場合」などには「監理銘柄(審査中)」に指定され、「監理銘柄(審査中)」に該当しない場合は「監理銘柄(確認中)」に指定されます。監理銘柄に指定されても売買はすることができます。

ワンポイント

監理銘柄について上場廃止の恐れがなくなった場合には、監理銘柄の指定が解除されます。一方、監理銘柄の上場廃止が決定されると、「整理銘柄」に指定されます。両者を混同しないよう気を付けましょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ