初めてでもわかりやすい用語集

外国株式の海外委託取引 (がいこくかぶしきのかいがいいたくとりひき)

外国証券取引のうち、投資家からの外国株式の委託注文を、証券会社が海外の市場に取り次ぐ取引です。この取引では、約定値段は現地通貨建てとなります。対象となっている海外の取引所であれば、原則として全上場銘柄が対象で、注文方法も指値注文と成行注文が可能です。時差の関係で発注日時と約定日時がずれることがあるため、約定日は証券会社が注文の成立を確認した日となります。

ワンポイント

国内の証券会社を通じて行う外国株式の取引方法としては、最も一般的な方法です。投資経験のない一般の人にはあまり知られていませんが、日本国内にいながらにして、世界の多くの国々の株式を購入することができるわけです。一方で、国内の手数料に加えて海外での取次手数料がかかるのが一般的で、国内の取引よりもコスト面では割高になるのが通常です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ