初めてでもわかりやすい用語集

現引き (げんびき)

信用取引の決済方法のひとつで、買い建てた株式を決済するときに、反対売買により差額決済をするのではなく、自分の手元にある現金で、株式を引き取ることを「現引き」といいます(「品受け」とも呼ばれます)。制度信用取引の場合、6カ月という決済の期限がありますが、その間に思い通りに株価が上がらなかった場合などに、引き続きその株式を保有するために利用する方法です。逆に、信用取引で売り建てた株式を、反対売買で差額決済するのではなく、もともと保有していた同銘柄の株式や、他の方法で取得した同銘柄の株式を差し入れる方法を「現渡し(げんわたし)」といいます。

ワンポイント

少ない資金(または代用有価証券)を担保として、レバレッジ(てこの原理)の効いた取引ができるのが信用取引の特徴です。そのため、信用取引では短期売買を前提としています。また、買い方には、借りた資金に利息がかかってきます。投資戦略が変わり、短期売買から長期保有に切り替えた場合には、手元の現金で現引きしてしまうことで、保有コストを抑えることができます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

信用取引のメリット

信用取引と現物取引の違い

信用取引の主なリスクと留意点

信用取引 気になるポイント

ダイレクトコースなら株式委託手数料が0円!「日興イージートレード信用取引」

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ