初めてでもわかりやすい用語集

未公開株 (みこうかいかぶ)

証券取引所(金融商品取引所)には上場(公開)していない企業の株式のこと。非公開株や、プライベート・エクイティーともいいます。未公開株は、上場していないので証券取引所を通じて売買することはできませんが、譲渡価格など条件面で合意さえすれば、当事者間で売買することは可能です。また、日本証券業協会では、非上場会社の株式等を売買できるグリーンシート市場を1997年に創設し、指定企業(2013年7月4日現在36社)の株式を所定の証券会社で売買できるようになっています。なお、上場廃止になった銘柄を売買できるフェニックス銘柄制度も2008年からスタートしています(2013年9月11日現在の指定銘柄は3社)。

ワンポイント

日本中に数多く存在する中小企業などの株式は、大半が未公開株です。未公開株を一般の投資家が手に入れることは難しいため、「上場間近」「上場すれば必ず儲かる」といった誘いに乗り、上場予定のない会社の未公開株を買わされたり、お金だけをだまし取られたりするなどのトラブルがたくさん起きています。未公開株の販売等を行うことができるのは、その株式の発行会社や証券会社に限られます。その他の業者などから勧誘を受けた場合には十分注意しましょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ