初めてでもわかりやすい用語集

仲値 (なかね)

仲値とは、金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのことです。TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)ともいい、金融機関が毎朝9時55分の為替レートを参考に決定します。海外旅行に行く際、日本円を外貨に両替するときのレートと、外貨を日本円に戻すときのレートに開きがありますが、そのちょうど中間に位置するのが仲値です。

ワンポイント

仲値に手数料を足したレートがTTS(Telegraphic Transfer Selling Rate)で、金融機関が顧客に外貨を売る際のレートです。一方、仲値から手数料を引いたレートがTTB(Telegraphic Transfer Buying Rate)で、金融機関が顧客から外貨を買う際のレートです。なお、TTSとTTBの差をスプレッドといいます。
仲値に足し引きされる手数料は、外貨の種類や取扱金額、また金融機関によって異なります。外貨預金や外貨建てMMFなどを始める際はチェックしておきましょう。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ