初めてでもわかりやすい用語集

スクリーニング (スクリーニング)

スクリーニングとは、条件を設定してそれに合った銘柄を探し出すことです。
例えば、
・割安で安全な株を選択したい場合は、PERやPBRなどの割安さを測る指標と、株主資本比率など安全性を測る指標の組み合わせ。
・成長性の高い株を選択したい場合は、売上高増加率や経常利益増加率などの成長性を測る指標と、ROEや売上高営業利益率など収益を測る指標の組み合わせ。
このように指標を組み合わせることで、さまざまな目的に合った銘柄を探し出せます。

ワンポイント

国内の株式市場にはたくさんの会社が上場しています。その中から、割安銘柄や値上がりが期待できそうな銘柄を見つけるのは大変です。しかし、今はネットで配当利回りとかPERとか、いろいろな指標を選んでスクリーニングすることで、自分の投資スタンスに合った銘柄を選択することができるようになりました。
スクリーニングをするためには、まず、それぞれの指標の意味を理解しておく必要があります。ファンダメンタルズ(企業の本質的な価値)分析やテクニカル(株価チャート)分析で用いられるさまざまな指標が、どんな内容を表しているのか、理解しておくことが大切です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ