初めてでもわかりやすい用語集

ROE/自己資本利益率 (アールオーイー/じこしほんりえきりつ)

ROE(Return On Equity)とは、自己資本利益率のことをいいます。これは、株主が拠出した自己資本を用いて企業が株主のためにどれだけの利益をあげたか、つまり株主としての投資効率を測る指標といえます。
ROEは、情報開示資料である有価証券報告書等では「自己資本利益率」、決算短信では「自己資本当期純利益率」と表記されています。「自己資本利益率」では期末自己資本、「自己資本当期純利益率」では期首と期末の自己資本の平均値で算出されています。なお、ROEは、財務分析をするうえでは、以下のように「売上高純利益率」と「総資本(資産)回転率」、「財務レバレッジ」に分解することで、その要因分析をすることができます。

ROE(%) = 当期純利益÷自己資本×100

自己資本 = 純資産 - 新株予約権 - 少数株主持分

ROE = 売上高純利益率 × 総資本(資産)回転率 × 財務レバレッジ

ワンポイント

ROEは、一般に株式投資の評価指標として使われます。2014年1月に登場した新しい株価指数「JPX日経インデックス400」では、投資家にとって投資魅力の高い企業を組み入れるため、このROEを考慮した銘柄選定を行っています。一方、社債投資の評価指標として使われるのが、ROA(総資本(総資産)利益率)です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ