初めてでもわかりやすい用語集

短期プライムレート (たんきプライムレート)

銀行が最優良の企業(業績が良い、財務状況が良いなど)に貸し出す際の最優遇貸出金利(プライムレート)のうち、1年以内の短期貸出の金利を「短期プライムレート」(略して「短プラ」)といいます。
かつてこの短期プライムレートは、各銀行が公定歩合に連動した金利をもとに、信用リスクの大きさに応じて上乗せ金利を付け加えて決めてきました。しかし1989年以降は、公定歩合ではなく譲渡性預金(CD)などの市中金利に連動して決めるようになり、現在では「新短期プライムレート」(略して「新短プラ」)と呼ばれ、一般的となりました。

ワンポイント

プライムレートは、銀行が企業に貸し出す際の金利なので、一般の人には関係ないと思われるかもしれません。しかし、住宅ローンの変動金利は新短期プライムレートに連動して決められていると聞けば、身近なものに感じられるでしょう。新短プラ連動型の住宅ローン金利は、「新短期プライムレート+1%」というのが一般的ですが、金融機関によっては差別化を図るため、新短期プライムレートにコストや利益分をプラスして金利を決定しているところもあります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ