初めてでもわかりやすい用語集

第三者割当増資 (だいさんしゃわりあてぞうし)

第三者割当増資は、会社の資金調達方法のひとつです。株主であるか否かを問わず、特定の第三者に新株を引き受ける権利を付与して、新株を引き受けさせる増資を第三者割当増資といいます。通常、取引先、取引金融機関、自社の役職員などの縁故者にこの権利を与えて発行することが多く、縁故募集ともいいます。第三者割当増資は、業務提携の相手先や、取引先との関係安定化を図るときや、経営悪化で株価が低く通常の増資ができないときなどに多く使われます。

ワンポイント

第三者割当増資の発行手続きは、会社法により詳細に決められています。特に新株を「特に有利な価格」で発行するときは、既存株主の利益保護の観点から、株主総会でその理由を開示して特別決議を経る必要があります。また、金商法や取引所開示規則においても、詳細な開示が求められています。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ