初めてでもわかりやすい用語集

伝統的資産 (でんとうてきしさん)

伝統的資産とは、上場株式や債券などの投資対象のことをいいます。多くの場合、国内株式、国内債券、海外株式、海外債券の4つの資産が伝統的資産と位置付けられており、海外資産に関しては特に先進国の資産を指します。
伝統的資産での運用は、主にその資産の値上がり益(キャピタルゲイン)や配当・利子収入(インカムゲイン)を目的にします。
伝統的資産に対し、伝統的資産以外の新しい投資対象や投資手法のことを代替的資産、オルタナティブといいます。

ワンポイント

未公開株や商品先物などに投資するオルタナティブと区別するために作られた言葉です。したがって、上場株式や債券に投資する運用商品の商品名などにあらためて「伝統的資産」と銘打たれていることはほとんどありません。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての投資信託

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ