初めてでもわかりやすい用語集

預託証書 (よたくしょうしょ)

預託証書とは、受け渡しが困難な海外の株式の代わりに発行する証書のことです。預託証券やDR(deposit receiptの略)とも呼ばれています。
預託証書の発行は、国内の株式を海外で流通させるためのひとつの方法です。通常、株式を他の国で流通させるためには、その国の証券取引所に上場させる必要があります。しかし、国内と海外では株式の受け渡しが困難であるため、銀行に株式を預け、代わりに預託証書を発行します。
預託証書は、証券取引所で株式と同様の取引ができます。
預託証書には、アメリカで取引されているADRや、欧州で取引されているEDRがあります。

ワンポイント

今では、証券会社を通じてアメリカや中国など、海外の株式を購入できるようになりました。しかし、まだまだ世界各国の株式を購入できるわけではありませんので、そんなときには預託証書を利用することで取引が可能になります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

SMBC日興証券のホームページで確認する

はじめての株式投資

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ