facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

FXのロットとは?いくらから始める?レバレッジの計算方法は?

FX取引における通貨量の単位を「ロット」(Lot)といいます。日常生活で使う「円」や「ドル」といった単位と違い、ロットという単位は慣れるまでは変換に時間がかかるなど、FX初心者にとっての障壁になります。

この記事では、ロットの考え方・計算方法を説明しながら、FX取引でどのように使うかを解説していきます。

ロットとは何か?

冒頭でも触れたとおり、ロット(Lot)とは、FXの取引通貨量の単位です。
もともとは製造業の用語で、「生産・販売の最小単位」という意味で使用されていたものがFXでも用いられるようになりました。

このロットという単位は、「枚」や「レッグ」ということもありますが、同じ意味です。

FX提供会社によって異なりますが、多くの場合は10,000“通貨”(円や米ドルなど)を1ロットとしています。

なお、現在は100通貨や1,000通貨から取引できるケースも増えてきました。こうした背景から、1,000通貨を1ロットとしているFX提供会社も中にはあります。

ロット数と通貨単位の関係

FX取引をする際は、上で説明したように1ロットや0.1ロットなどといった単位での取引を行います。

いきなりロットという単位を使いこなすことは難しいため、一つの目安として下の表でロットと通貨単位の関係を見てみましょう。

レバレッジと投資資金でみた、取引ロット数の目安(米ドル/円の場合)

この表は、米ドル/円の取引でおよその投資額を1万〜100万円とした場合、かける「レバレッジ」によってどのくらいのロット数の取引ができるかを計算したものです。

レバレッジについては後述しますが、自分で用意した資金(証拠金)よりも多い金額で取引できるというFXの特徴の一つです。日本では証拠金の1〜25倍までのレバレッジをかけることができます。

1番上の列を例にして、証拠金1万円の場合に何ロットまで投資できるかを見てみます。レバレッジなし(1倍)ならば0.01ロット(=100ドル)、レバレッジ25倍なら0.25ロット(=2,500ドル)が取引できるロット数の目安です。

このように、レバレッジをかければ少ない資金でもある程度まとまった額の取引ができることが分かります。ただし、レバレッジをかければかけるほど、損失が出た際のリスクも大きくなるので、その点は十分注意しましょう。

FXの特徴「レバレッジ」のメリットとデメリット

日本国内のFX提供会社では、証拠金の最大25倍までレバレッジをかけることが可能です。

1ロット=10,000通貨の場合、米ドル/円の取引であれば例えば、1ドル=100円の場合、1ロットの取引をするのにレバレッジなしであれば100万円。レバレッジを25倍にすれば、同じ1万ドルの取引でも必要な証拠金は4万円になります。

レバレッジによって、利益が出た際の投資効率を上げることができますが、負ければその分損失が大きく膨らみます。そのため、初めはレバレッジ2〜3倍程度で慣れていくことをおすすめします。

米ドル/円の取引で、10万円の資金を用意した場合、レートを1ドル=100円と仮定すると取引可能額は下のようになります。

  • レバレッジなし(1倍):1,000ドル
  • レバレッジ10倍:10,000ドル
  • レバレッジ20倍:20,000ドル

このとき100円で買って101円で売ると、利益は次のようになります。

  • レバレッジなし:+1,000円
  • レバレッジ10倍:+10,000円
  • レバレッジ20倍:+20,000円

ですが、逆に100円で買って99円に値下がりしたところで売った(損切りした)場合、損失は次のようになります。

  • レバレッジなし:ー1,000円
  • レバレッジ10倍:ー10,000円
  • レバレッジ20倍:ー20,000円

「2%ルール」でリスクマネジメント

レバレッジは元手よりも大きな金額で取引できるという点に着目しがちですが、それはリスクを背負うことでもあります。

また、高レバレッジでの取引を行っていると、少しの値動きで証拠金を超えた損失が出てしまうため、すぐに強制的にロスカットされてしまうことにもつながります。

許容損失額を資金の1%〜2%と定めて取引することをおすすめしますが、そもそも少ない資金でも取引できる方が経験と知識を貯めていきやすいのでおすすめです。

そもそも、なぜロットという単位が使われるようになったのか?

ロットという用語が使われる背景にはまず、単位の違う貨幣を取引しているという性質が関係しています。100“円”、100“ドル”、100“ユーロ”など、それぞれ同じ数え方ができないため、「通貨単位」という日常生活では使われない言葉が登場しました。

そして、この通貨単位をより大きなカタマリでまとめたのがロットです。なぜロットという単位が使われているかというと、取引時の手間の省略や、桁数の多さによるミスの発生を未然に防ぐためです。

FX取引では、10,000通貨単位など、ある程度まとまった金額での取引が行われます。

仮にロットという概念がなかった場合、「120,000通貨、買い」や「200,000通貨、売り」といったように桁数が増えることで致命的なミスが起こる可能性があります。

ロットという単位を活用することで「12ロット、買い」や「20ロット、売り」とすることができ、ミスが起きにくい取引ができるようになります。
ただし、FXをこれから初める方にとっては、損失時のリスクを抑える観点で、最低取引数量が少ない口座を利用することがおすすめです。

【注意】ロットの単位はFX提供会社と通貨で変わる

冒頭でも書いたとおり、1ロットが10,000通貨なのか、1,000通貨なのかはFX提供会社によって変わります。

また、通貨ペアによっても最低取引数量は変わってくるので、取引を始める前に必ず確認しておくようにしましょう。

SMBC日興証券の最低取引数量は100通貨単位から

SMBC日興証券では、米ドル/円(USD/JPY)の最低取引数量は100通貨です。

通貨ペアによって異なりますが、最低100〜1,000通貨と比較的少ない単位での取引ができるようになっている点が当社の特徴です。

計算を簡略化するために1ドル=100円、レバレッジ1倍と仮定すると、米ドル/円(USD/JPY)の取引をする場合は次のような考え方になります。

最低取引数量:100通貨=100米ドル
必要な資金(証拠金):100米ドル×100円=1万円

なお、米ドル/円以外の通貨ペアの取引単位は以下でご確認いただけます。

当社の外国為替証拠金取引(店頭)「日興FX」の取扱通貨一覧を見る

まとめ

FXにおけるロットは、取引の利便性から使われている単位ですが、これからFXを始める場合には慣れが必要な考え方です。まずはFX提供会社ごとに「ロットの単位」、「最低取引単位」が違うことを知っておくことが大切です。

また、「ロットの単位」、「最低取引単位」の情報を基に、レバレッジを考慮し、取引数量を決める必要があります。
FX初心者の方は小さいロット数から始め、徐々に取引額を大きくしていくことがおすすめです。最初からいきなり大きな損失を出すリスクを抑えられ、着実に経験を積むことができます。

「FX 気になるポイント」記事一覧へ

facebook twitter このエントリーをはてなブックマークに追加

「日興FX」をはじめるなら今すぐ口座開設

「日興FX」で取引を行うには、証券口座(ダイレクトコース)が必要です。